脳PETでわかる認知症

近年、認知症患者が増加傾向です。あなたもなるかもしれませんし、家族がなるかもしれません。そんな時のために認知症についての基礎知識を身に付けましょう!
MENU

脳PETでわかる認知症

近年健康寿命が延びてきているため、高齢になるほど認知症にかかるリスクが高くなっています。

 

高齢者

 

90歳以上では2人に1人が認知症であるといわれています。

 

程度は人によって様々です。

 

認知症には脳の機能が低下することによって起こるアルツハイマー型と脳血管が詰まったり破れたりすることで、身体に障害がでる脳血管型があります。

 

特に問題視されているのが、若年性アルツハイマーです。

 

若年世アルツハイマーは40代くらいに発症します。

 

症状は通常と同じようにみられますが、働き盛りの方は仕事が制限されることも考えられます。

 

認知症は発症してしまうと完治はできませんが、早期に発見して悪化を予防することが大切となってきます。

 

認知症は脳の血流が低下していることがわかりますが、肉眼ではみることができせん。

 

脳PET検査で脳の血流がどのような状態か知ることができます。
脳PET検査を行うには医療機関での予約になります。

 

万が一検査で治療が開始されるようになることも踏まえて、クリニックと併設している機関を選ぶとよいでしょう。

 

お勤めの方は欠勤してまで受診はできないと躊躇される方もいらっしゃることでしょう。

 

土曜日健診を行っている機関もあります。

 

料金はプランによって幅はありますが、数万円から高くて10万円くらいになります。

 

ご希望のプランを作ってくれます。

 

大腸や胃の検査とセットになっているものもありますので、普通の健診と同じようにお気軽に受けていただきたいです。

 

料金については健診なので保険は適応されませんが、治療が開始になった場合は保険が適応します。

このページの先頭へ