認知症を日頃から予防するには|認知症に関する基礎知識

近年、認知症患者が増加傾向です。あなたもなるかもしれませんし、家族がなるかもしれません。そんな時のために認知症についての基礎知識を身に付けましょう!
MENU

認知症を日頃から予防するには

認知症対策としては認知症対策のサプリメントの摂取が有効ですが、症状が進行している場合は医薬品の服用が認知症対策として最も有効です。

 

薬

 

認知症の薬はいろいろありますが、双極性障害やうつ病の治療薬であるラミクタールは、認知症の予防や治療にも有効です。

 

ただし、認知症を完全に治療することができる薬は現時点では開発されておらず、得られる効果は症状の進行を抑える効果だけです。

 

 

ラミクタールは元々はてんかんの治療薬でしたが、双極性障害やうつ病、認知症にも効果があることが判明しました。
精神科や心療内科の病院ではラミクタールはよく処方されており、気分を安定化させることによって、不安感を解消してリラックスした気分になります。

 

 

ラミクタールの大きなメリットは、妊娠中の女性も服用可能であることで、妊婦がラミクタールを服用してもお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはなく、安心して服用することができます。
妊婦は母体と胎児を守るために数多くの薬の服用が禁止されますが、ラミクタールは例外として妊婦でも服用可能です。

 

ラミクタールは妊婦でも服用できるため安全性は非常に高いですが、即効性はありません。

即効性がないため飲んでもすぐに症状が改善されるのではなく、ゆっくりと時間をかけて徐々に症状が良くなってきます。

 

副作用のリスクは低いですが、他の種類の気分安定薬との飲み合わせが悪く、特にデパケンとは相性が悪いので、同時に服用しないように注意してください。

このページの先頭へ